タイトル

洗濯について



イラストダイスキな下着、デリケートな下着、大切にしたいから・・ 

でも、デリケートな素材はどうやって選択したらいい?
イラスト
下着の洗濯はぬるま湯で手早くしましょう。
洗剤は先によく溶かしてから使うこと。
洗濯機使用なら、必ずネットに入れて。
優しく洗って優しく脱水。



1) 洗濯前にチェック
1:表示 表示を見てから洗いましょう。
2:ほつれ ほころび、ほつれがあったら先に修繕してから洗います。(放っておくとほつれがさらに広がってしまいます)
3:色分け 他のものとの色移りを避けるため、白いものと濃い色のものは別々に洗います。
4:洗剤の種類 特に大切な下着、シルクやウールのものは中性洗剤、または下着洗剤を使いましょう。酸素入り洗剤は布地を痛めてしまいます。綿、麻、合成繊維の下着は弱アルカリ性洗剤で洗います。(蛍光剤は下着の色合いを損ねるので、入っていないほうがよいでしょう)
5:手洗い 洗濯機使用の場合、ショーツの股布部分など汚れの多いところは前もって手洗いをしておくと汚れ落ちもよく、布地の傷みも少なくてすみます。
6:洗剤の使い方 洗剤はよく溶かしてから使います。布地に直接ふりかかると変色の原因になるので注意してください。

2) 洗濯開始
1: 洗う
 A - 手洗い
     (手洗いのポイント・・入浴のついでに一緒に洗うと それほど面倒ではありません)
イラスト1.
2.

3.
4.
30〜40度以下のぬるま湯に洗剤をよく溶かします。
優しく手早く押し洗いします。揉み洗いやギュウギュウ絞り洗いは布地の傷みや形崩れの原因となるので避けましょう。
すずぎは充分にしてください。
すすぎ終わったら、バスタオルで優しく水分を取ります。雑巾のように絞っては形が崩れ布地が傷んでしまいます。
 B - 洗濯機洗い
(洗濯機洗いのポイント・・ネットに入れて洗いましょう)
イラスト1. 水、またはぬるま湯を多めに張り、洗剤を先に入れよく溶かします。
2. 下着をネットに入れ3分程度洗います。
3. すすぎが終わったら、ネットに入れたまま30秒くらい脱水します。この時、形崩れをなるべく避けるため、脱水槽に押し込まないようにして入れてください。
※ブラジャーの洗濯は手洗いが基本!
ワイヤー入りブラジャーを直接洗濯機に入れると、ワイヤーが布を破って出てきたり変形する恐れがあります。洗濯機を使う場合はブラジャー用の洗濯ネットを使用することを強くおすすめします。


2: 形を整えて干しましょう。
イラスト脱水が完了したら手早く、風通しの良い場所に形を整えて干します。いつまでも湿った状態で放置しておくと、シワ、変色、シミのもととなり、布地が弱まります。長時間のつけ置きにも気をつけてください。干す場所は直射日光のあたらない風通しの良い場所を選びます。(直射日光は黄ばみ、色褪せの原因)
3:よく乾かしてからしまいましょう。
湿気はシワ、変色、カビの原因となります。長期保存する場合は密封してはいけません。ウールやシルク素材のものには防虫剤を忘れずに。
※ブラジャーのカップは潰さずに
カップがしっかりしているものや、パット入りのブラジャーはたたまずに、カップの部分を崩さないよう形を整えてブラジャー同士を重ねてしまいましょう。カップ部分が柔らかいものでしたら、カップ同士の中心(胸の谷間にあたる部分)で折りたたんで右カップに左カップ(あるいは左に右)を入れ込んでしまっても問題はありません。

BACK